鼻につくようなワキガの臭いであなたは大丈夫ですか。
鼻につんとくる強烈なワキガの臭いは、本人の人格に関わらず印象をとても悪くしてしまうものです。
ワキガの特徴は、汗をかきやすい夏よりも、実は冬の方がより強い臭いになりやすい、ということ。
「あの人何だか臭いな」何て思われないように、ご自身でしっかりと対策しましょう。
実は私も、ワキガについて悩みを持っていた一人です。
特に思春期の頃は、ワキガなんて知られたらいじめの対象になる、と思い必死で対策をしていたものです。

具体的にどんな対策をしていたかと言うと、制汗剤スプレーがメインでした。
しかし、このスプレーは臭いをごまかすだけで根本的な解決にはなりません。
また、毛穴がつまってより臭いが強くなる原因になるのです。
同様に、殺菌力が強すぎるスプレーもお勧めできません。
脇には皮膚の清潔さを保つ菌も存在しています。
殺菌をして臭いがおさまるどころか、より悪化してしまう原因に。

 

ワキガの対策は、主に三つあります。

 

一つ目は、バランスのとれた食事です。
肉や脂っこいものばかり摂取していると、体臭も強くなってしまいます。
野菜や魚なども、上手に食事に取り入れましょう。

 

二つ目は、湯船にしっかりつかること。
湯船につかることで、全身の代謝が高まり、ワキガの予防になります。
シャワーだけだと、体が芯から温まらないのでお勧めできません。

 

三つ目は、ストーンタイプのデオドラントを使用すること。
制汗剤スプレーと違い、毛穴がつまることもありません。
そして、皮膚に密着してくれるので臭いを確実に防いでくれます。
朝、脇の全体に塗るだけで一日中臭いを防いでくれる、優れものです。

 

以上、ワキガを気にしているあなたに是非試していただい三つの方法でした。